information

お知らせ

SCROLL DOWN

相続法制見直し議論を開始

法務省はこのほど、相続法制検討ワーキングチームを設置し、民法の相続法制の見直しに向けた議論を開始しました。生存配偶者の居住権を法律上保護するための措置や配偶者の貢献に応じた遺産分割を実現するための措置、遺留分制度の見直しなどについて検討されています。
ワーキングチームでの議論が将来的な民法等の改正につながる可能性も高いとみられ、今後の動向に注目が集まります。